セサミンは何に効果がある?

セサミンとコレステロールの関係

セサミンはゴマに含まれる栄養成分の1つです。 虚血性心疾患の予防につながる血清脂質低下作用や 血液中に含まれる脂質、血清脂質を低下させる作用などがあります。脂肪が酸化していくながれをスムーズにし脂肪からエネルギーへと生成していく働きを有しています。

通常脂肪酸はグルコースから合成されますが、合成される際の酸素の働きを抑制することによって血清脂質の働きを低下させています。

このように優れた効果を有しているセサミンは効果効能としてコレステロールを低下させる作用もあります。コレステロールは現代社会において摂取しすぎているため、コレステロールを下げる方向に向いているように聞こえず、コレステロール事態があまり良いイメージがない方も多いと思いますが、コレステロールは細胞一つ一つの膜の構成成分として使われているので人間の身体にとって重要な役割を果たしています。

ただ、コレステロール中でも様々な疾患を引き起こすコレステロール、一般的には「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。この悪玉コレステロールは増えすぎてしまうと活性酸素の原因となり動脈硬化を引き起こす原因となる危険性も秘めています。セサミンはこれらの余分なコレステロールを下げ抑制してくれる働きがあります。 みなさんもセサミンで健康生活始めてみませんか。

↑ PAGE TOP